白く長細い薬

ペットに医薬品を投与する

寄生虫を駆除する医薬品

大切な家族の一員である愛猫や愛犬の健康を気にしている飼い主さん多いのではないでしょうか。
例えばノミやミミヒゼンダニなど外部寄生虫による感染症、蚊に刺されることによって発症する内部寄生虫によるフィラリア症などあると思います。
これらの寄生虫を駆除するために、今までなら2種類の医薬品を投与しなければならなかったので、その度にペットが暴れるなどして大変な思いをしていた飼い主さんもいたと思います。
しかしレボリューションなら2種類の寄生虫を一気に駆除することができるので、飼い主さんのお財布にも優しく、手間もかからないので、大変人気があります。

レボリューションの特徴は、経口投与ではなくスポットオンタイプなので、嫌がって吐き出したり、えさに混ぜても残してしまったりすることがないので、簡単に投与することができます。
その投与方法は、猫や犬の首の後ろに月1回投与します。
なぜ首の後ろかというと、首の後ろなら舐める事ができないからです。
ただし犬や猫を複数飼っている場合は、首の後ろを他のペットに舐められないように注意する必要があります。
万が一、猫や犬が口にしてしまった場合は、動物病院に連れて行き獣医さんに相談しましょう。

投与するときの注意事項は?

レボリューションは猫や犬の首の後ろの毛をかき分けて皮膚に直接投与することで、その効果を発揮します。
その効果期間は1ヶ月間ですので、継続的に効果を得るためにも毎月1回投与し続けることが大切です。
投与するときは、猫や犬が暴れださないように、安心させ落ち着かせましょう。

また、ペットのにおいが気になる人はシャンプーをすると思いますが、レボリューションを使用する際には、先にしておいた方が良いでしょう。
レボリューションの説明書にも記載されていますが、投与後2時間以内にシャンプーをしてしまうと医薬品の効果が薄くなってしまうためです。
せっかく投与したのに、効果が薄れてしまっては意味がないですよね。

さらに、フィラリア症にかかっているペットには投与できません。
万が一、フィラリア症にかかっているペットに投与してしまうと症状が悪化してしまい、最悪死んでしまう可能性があるからです。

そんなレボリューションを通販で購入しようと考えている飼い主さんは、猫や犬の体重などで薬の容量が違いますので注意しましょう。
猫に投与する場合は、子犬子猫用と猫用の2種類あるのに対し、犬の場合は子犬子猫用と超小型犬用、小型犬用、中型犬用、大型犬用の5種類あります。
通販の場合は、自己責任ですので、間違えて購入してしまわないようにしましょう。

寄生虫駆除の医薬品を比較

ペット用の医薬品を手に入れる方法として、通販サイトで直接医薬品を購入することができます。

通販だと簡単に医薬品を購入できますが、種類が沢山あり迷ってしまいます。
例えば、犬や猫の寄生虫を駆除する医薬品として、フロントラインやネクスガードスペクトラ、レボリューションなどがありますので、迷わないように簡単に説明します。

フロントラインは、ノミやダニなど駆除する効果があります。
ネクスガードスペクトラとレボリューションはノミやダニとミクロフィラリアやフィラリア幼虫などに効果があります。
だから、外部寄生虫であるノミやダニを駆除したいと考えている人はフロントラインを、外部寄生虫だけでなく内部寄生虫であるミクロフィラリアやフィラリア幼虫なども駆除したいなら、ネクスガードスペクトラやレボリューションを購入しましょう。

ネクスガードスペクトラとレボリューションは、投与の対象と投与の方法が違います。
ネクスガードスペクトラは犬の医薬品で、餌に混ぜるなどして口から与えるのに対し、レボリューションは猫と犬の医薬品で、首の後ろの皮膚に直接投与します。
口から投与する医薬品は、吐き出してしまったり、残してしまったりするので、飼い主さんにとって悩みどころですが、皮膚に直接投与する医薬品は、そのような悩みがなく簡単に投与ができます。

もし通販でどの医薬品を購入するか迷っているのでしたら、こういった用途も検討して選んでみてはいかがでしょうか。